英文ジャーナルのためのCover letter(カバーレター)の書き方をご紹介します。

英文ジャーナルのCover letterの書き方・テンプレート

ジャーナルに論文を投稿するとき、多くの場合、カバーレターというものを併せて提出する必要があります。

しかし、カバーレターの書き方なんて習ってないですよね。私も、初めてジャーナルに投稿するときは困惑したものです。特に、英文ジャーナルの場合は、当然ながらカバーレターも英語で書く必要があり難しいものです。

しかし、一度テンプレートを作ってしまえば、それを少し書き換えるだけで簡単に作成することができます。

この記事では、英文ジャーナルのためのカバーレターの書き方を、テンプレートをもとにご紹介していきます。

この記事を読むことで...

  • カバーレターで求められる要素が分かる
  • 英語のカバーレターの書き方が分かる

自己紹介

  • 理系研究者
  • ジャーナル掲載 x 3本

私は、以下で紹介するテンプレートを用いたカバーレターで、複数回のジャーナル掲載経験があります。

Cover letter(カバーレター)とは?

カバーレターとは、論文とともに送るジャーナル編集者への手紙です。ざっくりとした内容は、「~な論文を書きましたので審査よろしくお願いします」みたいな感じです。

カバーレターの書き方

さっそくカバーレターの書き方を以下でまとめていきます。

カバーレターに含むべき内容

  • 日付
  • 宛名(一般的に編集長宛)
  • 投稿先のジャーナル名
  • 論文タイトル
  • 著者(と共著者)の名前
  • 論文の要約、意義
  • そのジャーナルを投稿先として選んだ理由
  • ポリシー違反等がないことへの言及
  • 著者の連絡先

テンプレート

テンプレートを見ながら書き方をマスターしましょう。

書き換えるべき箇所を{}で表記しました。{編集長の名前}や{ジャーナルが対象とする研究分野}はジャーナルHP等で調べる必要があります。

[{日付}]

{編集長の名前}
Editor-in-Chief
{投稿先のジャーナル名}

Dear Dr. {編集長の苗字}:

I wish to submit an original article for publication in {投稿先のジャーナル名}, titled “{論文タイトル}.” The paper was coauthored by {共著者の名前}.

As the name suggests, this study proposes and tests {論文内で提案する内容を一言で}. {論文の要約} We believe that our study makes a significant contribution to the literature because a) {論文の寄与や新規性(既存手法より優れている点など)}, and b) {論文の寄与や新規性}. 

Further, we believe that this paper will be of interest to the readership of your journal because it focuses on {ジャーナルが対象とする研究分野}.

Each of the authors confirms that this manuscript has not been previously published and is not currently under consideration by any other journal. We have read and understood your journal’s policies, and we believe that neither the manuscript nor the study violates any of these. There are no conflicts of interest to declare.

Thank you for your consideration. I look forward to hearing from you.

Sincerely,

{著者の名前}
{著者の所属}
{著者の住所}
{著者の電話番号}
{著者のEメールアドレス}

架空のロボット系ジャーナルに投稿する例

上記のテンプレートを用いて、架空のジャーナルに投稿するためのカバーレターを作成してみました。

[2021. 4. 1]

John Smith
Editor-in-Chief
Super Robotics Journal

Dear Dr. Smith:

I wish to submit an original article for publication in Super Robotics Journal, titled “New control method for humanoid robots.” The paper was coauthored by Hanako Sato.

As the name suggests, this study proposes and tests a new control method for humanoid robots. The proposed method uses two new algorithms A and B. Experiments in this paper show the method can control the robot smoothly and stably. We believe that our study makes a significant contribution to the literature because a) unlike conventional methods, our approach can apply any kind of robot, and b) it can avoid dangerous action. 

Further, we believe that this paper will be of interest to the readership of your journal because it focuses on advanced technologies and practical applications in the field of robotics.

Each of the authors confirms that this manuscript has not been previously published and is not currently under consideration by any other journal. We have read and understood your journal’s policies, and we believe that neither the manuscript nor the study violates any of these. There are no conflicts of interest to declare.

Thank you for your consideration. I look forward to hearing from you.

Sincerely,

Taro Yamada
Japan University
1-2-3 Hoge, Hoge-ku, Tokyo 123-4567, Japan
012-345-6789
myemail@email.com

さいごに

英文ジャーナルのカバーレターに関して、実際に私も使用しているテンプレートをご紹介しました。少しでもみなさまの論文投稿の参考になれば幸いです。


以上です。

Ad.