トランプゲームGo Fishが面白いのでご紹介します。

【ルール解説】トランプゲームGo Fishがおもしろい!

留学していた頃、友達にGo Fishというゲームを教えてもらいました。
ルールも簡単で、とっても盛り上がりました。
記憶力や他プレイヤーとの駆け引きが重要なゲームです。

基本ルール

  • 数字が同じ4枚(ダイヤ、クローバー、ハート、スペード)を手札にそろえるゲーム。
  • 数字が同じ4枚を1セットとし、セットが手札にそろった時点で表向きにし公開する。
  • A(1)~K(13)の全てのセットが公開されたらゲーム終了。
  • たくさんのセットを集めたプレイヤーが勝ち。

手順

  1. ジョーカーを除いた52枚をシャッフルする。
  2. 各プレイヤーに5枚ずつ配る。
  3. 余ったカードは山札として場に置く。
  4. じゃんけん等で、最初に質問をする役(質問役)を決める。
  5. 質問役は他のプレイヤー(誰でもよい)に対して、「N番のカードを持っていますか?」と尋ねる。
    このとき、質問役は必ず自分の手札にある数字からNを選ぶ必要がある
    また、セットがそろい、手札がゼロ枚になった場合は、山札から(残っていれば)5枚引く。
  6. 質問をされたプレイヤーは以下のように場合に応じてリアクションをする。
    <N番のカードが手札にある場合>
     手札にある全て(ダイヤ、クローバー、ハート、スペード)のN番を質問役に渡す。
     → 5に戻る
    <N番のカードが手札にない場合>
     持っていないことを伝えるために「Go Fish」と言う。
     → 7に進む
  7. (山札が残っている場合、)質問役は山札から1枚引く。
  8. 質問役の権利が隣のプレイヤーに移り、5に戻る。

さいごに

ぜひみなさんもやってみてください。


以上です。

Ad.